「老舗が受け継ぐ京菓子の文化を、もっと身近に感じていただきたい」

創業 享保元年(1716年)。
笹屋伊織が京の地に暖簾をかかげてから、およそ300年。

代々職人が受け継いできた技と文化は、今も笹屋伊織の御菓子の中に息づいています。

「老舗(しにせ)」と聞くと、ちょっと敷居が高いように思われるかもしれません。
しかし300年も続いてきたのは間違いなく、その時代時代の人々、数々の「お客様」の生活の中に「笹屋伊織」が在ったからこそなのです。
それは、今の時代もなお変わらずに。

多くの情報が簡単に行き交うようになり、多様化する食文化の中で、身近であるからこそ、疎遠になりがちな日本の古き良き味。

「京菓子」という文化が、お客様の日常の一部になれば…京都大丸イオリカフェ外観
ほっとひと息つきたいとき、確かな味の御菓子とお薄を提供することのできるお店。

それを目指すのが私たち京都イオリカフェです。